国内初!自動宅配ロボットによる複数店舗からのデリバリー実証実験を開始

ENEOSホールディングス株式会社
株式会社ZMP
株式会社エニキャリ

ENEOSホールディングス株式会社(代表取締役社長:大田 勝幸、以下「ENEOS」)、株式会社ZMP(代表取締役社長:谷口 恒、以下「ZMP」)および株式会社エニキャリ(代表取締役:小嵜 秀信、以下「エニキャリ」)は、東京都中央区佃・月島エリアにおいて自動宅配ロボットを活用したデリバリー実証実験を、2021年2月8日~2月26日の間に実施することをお知らせいたします。

ENEOSは、2020年12月16日付で発表したZMPとエニキャリとそれぞれとの協業契約締結後、3社で実証実験に向けた準備を進めてまいりました。佃・月島エリアにおける実証実験のパートナー企業10社、10店舗の商品を対象顧客にデリバリーします。飲食店やコンビニなど複数店舗の商品を自動宅配ロボットでデリバリーする取り組みは、国内初となります。また、自動宅配ロボットを使用することで、非接触型デリバリーを実現します。この実証により、自動宅配ロボットを活用した独自の配送インフラ構築に向けて、ロボット自動走行に関する正確性・安全性や配送コスト、配達時間、注文フォームの簡便性などの技術的・ビジネス的課題の抽出に取り組みます。

本実証で行う具体的な取り組みは、ENEOSとエニキャリで共同構築する受注・集荷・決済等のプラットフォームの運営と、対象となる住民からの受注、ロボットを活用した配送となります。また、ロボットの充電・デリバリー拠点として、東新エナジー株式会社(代表取締役社長:比毛 新太郎、以下「東新エナジー」)の協力のもと、同社が運営するDr.Drive月島SS(住所:東京都中央区佃2-18―8)に、ZMP製の自動宅配ロボット「デリロ(DeliRo)」を配備いたします。本件については報道関係者の皆様を対象としてオンライン説明会を実施する予定です。詳細は別途ご案内いたします。

3社は、本事業の技術的・ビジネス的課題を抽出し、2022年を目途に最適なシステム・ビジネス等の設計・構築を行い、安心・安全・低コストなデリバリーインフラの提供を目指します。また、ENEOSの既存サービスとデリバリーサービスの融合に関する検討や自動宅配ロボットを活用した様々なサービスの検討を行ってまいります。

以 上

<実証実験の詳細>

期間 実証期間:2021年2月8日~2月26日(※)
営業時間帯:12時~14時半、17時~19時半
※雨天の場合は、ロボットによるデリバリーは行いません。
場所 配送先:東京都中央区佃のマンション3棟 リバーポイントタワー/シティーフロントタワー/スカイライトタワー
自動宅配ロボットステーション:東新エナジー運営Dr.Drive月島SS
実施内容 エニキャリと共同構築するプラットフォームを通じて対象となる住民からの注文を受け、宅配ロボット「デリロ」等を活用した配送を行います。
注文可能な小売店(10店舗) 磯丸水産、缘 台湾タピオカ専門店、喫茶パーラー ふるさと、東京メロンパン、築地日進、のりまき屋、松屋、ミニストップポケット、焼肉スタミナ苑、ローソン(五十音順)
各社の役割分担 ・ZMP:宅配ロボット「デリロ」システムの提供、その他ロボット運用の支援等
・エニキャリ:注文・宅配プラットフォームの構築
・東新エナジー:ロボットの充電・デリバリー拠点の提供
・飲食店・小売店舗:出店、商品の販売等
・ENEOS:宅配ロボット「デリロ」の保有・保管・運用及び注文・宅配プラットフォームの運営

※ロゴ順序不同。※ロゴ順序不同。

<ロボット宅配の利用手順>

<実証事業の概要説明資料>
・本実証事業チラシURL:https://www.anycarry.co.jp/doc/20210128-Flyer.pdf

<参考画像>

自動宅配ロボット(左:Dr.Drive月島SSに停車、右:公道走行中)自動宅配ロボット(左:Dr.Drive月島SSに停車、右:公道走行中)

<本件に関する報道機関の方からのお問い合わせ先>ENEOSホールディングス株式会社 広報部広報グループ
TEL:03-6257-7150

株式会社ZMP(担当:黒沢)
TEL:03-5802-6901
株式会社エニキャリ(担当:広瀬)
TEL:080-4104-7711