glafitとエニキャリ が、「新型コロナウイルス に負けるな!飲食店向け運営支援キャンペーン」を実施

モビリティベンチャーのglafit株式会社(本社:和歌山県和歌山市、社長:鳴海禎造、以下glafit)と、デリバリーシェアリングプラットフォーム「anyCarry」を運営する株式会社エニキャリ (本社: 東京都千代田区、社長:小嵜秀信、以下 エニキャリ)は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、「緊急事態宣言」により多大な影響を受ける東京都内の飲食店様向けに、「収益確保と従業員雇用をデリバリーでサポート」することを目的とし両社協業にて運営支援キャンペーンを行うことにいたしました。

glafitは、3月30日から「フードデリバリー業務用へのglafitバイク無償貸出し」を行い、飲食店様への支援を行ってきました。この取り組みにエニキャリも賛同し、「飲食店様の従業員ご自身が配送するデリバリー(以下自前デリバリー)」の展開を両社にて支援することになりました。
具体的には、anyCarry(https://anycarry.jp/)に出店し、自前デリバリー用にglafitバイク(https://glafit.com/product/glafit-bike/)を購入する場合、購入資金の一部をキャッシュバックとして、glafitから20,000円、エニキャリから15,000円の補助を受けることが可能となります。
イニシャルコストを軽減し、飲食店様の今後のデリバリー運営がいち早く行えるようバックアップいたします。

glafitについて
glafitが製造販売する「glafitバイクGFR-01」は、ペダル走行・ハイブリッド走行・電動バイク走行の3モードで走行ができる、100%電動の第一種原動機付自転車(原付バイク)です。車体重量も通常のスクータータイプの原付とくらべ1/3と非常に軽く、取り回しも楽です。自転車と同じような感覚での運転が可能なため、運転免許証を持っていさえすれば、今までスクーターに乗ったことが無い方や女性でも乗ることができ、今すぐにデリバリーに使って頂くことが可能です。
また、電動バイクのため家庭用のコンセントで充電でき、ガソリンスタンドに行く時間もかからずに、コストもガソリンより抑えられます。

エニキャリについて
エニキャリは、今回の取り組みにより「自前デリバリー」メニューを新設いたしました。
anyCarryのサイトから注文が入った際に、「自前デリバリー」を行った場合、エニキャリがシステム利用feeとして消費者の商品購入価格の5%を頂くというとてもシンプルな仕組みです。
■出店店舗様のメリット
・anyCarryのアプリおよびウェブサイトに掲載することで、効果的に集客ができる
・問合せ対応をエニキャリに外注できることで、調理や配送自体に集中できる
・自前の配送員が不足した場合、エニキャリの配送員が代わりに配送(エニキャリ指定エリアに限る)でき、
 受注可能数が増える
・配送費負担を抜群に抑えられる
・クレジット、Paypayといった各種支払い方法を利用して離脱を抑えられる(手数料は別途必要)

【新型コロナウイルスに負けるな!飲食店向け運営支援キャンペーン 概要】
期間:2020年4月19日(月)~2020年 6月30日(火) を予定
対象:自前テリバリーを行うためにglafitバイクを購入し、エニキャリに登録を行った東京都内店舗
内容:glafitバイクGFR-01を購入し、キャンペーン応募登録とユーザー登録をした方に、バイク納車後、電子ギフトポイントもしくは商品券にて20,000円分をキャッシュバックいたします。
詳細は専用ページをご確認ください : https://glafit.com/news/fd_anycarrycp/
併せて、エニキャリに店舗登録を行い、glafitバイクの購入証明書(領収証など)を提出することで15,000円をキャッシュバックいたします。
詳細は専用ページをご確認ください:http://www.anycarry.co.jp/alliance/
※両社より合計で35,000円のキャッシュバックとなります。

glafit株式会社 代表取締役 鳴海禎造 コメント
「glafitとして、飲食店様へ”今必要な支援”・そして” これから必要になる支援”を2段回で考えました。第一弾としては、期間限定でフードデリバリー向け無料貸出を考えましたが、このコロナとの戦いは長期間に渡る可能性もあります。飲食店様によっては、デリバリー業務を急場凌ぎではなく、長期的に考えているお店も多く、既に、無料期間後の購入の相談も多く寄せられております。また、デリバリー業務を続けていくには、集客から決済までの業務効率を考える必要もあり、そういうシステムを導入する必要もあります。この問題をエニキャリ様と組むことで、解決できると考えました。この取り組みが少しでも、飲食店様の役に立ち、そして、世の中へ貢献できると信じております。」

株式会社エニキャリ 代表取締役 小嵜秀信 コメント
「飲食店様から見ると、今までのフードデリバリーサービスは実店舗を中心とした上での副次的な位置づけでした。しかし現在、コロナによる収益構造の変化により、業態転換の分岐点に直面されております。我々は日々飲食店様とやり取りする中で、この状況を解決するためには、より柔軟性の高いデリバリーサービスが求められていることを実感しています。具体的には「誰でも素早くデリバリーを開始できるサービス」です。想いを同じくするglafit様のこれまでの取り組みに出会い、心から賛同しました。エニキャリだけではできないことを二社で取り組むことで、この危機を乗り越える助けになることを心から信じております。」

glafit株式会社の概要
所在地 :〒640-8306 和歌山県和歌山市出島36-1
東京オフィス:〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町2-1 渋谷ホームズ909号
代表者 :代表取締役 鳴海 禎造
資本金 :2.7億円(準備金含む)
従業員数 :15人(2020年3月末現在)
設立年月日 :2017年9月1日
WEBサイト :https://glafit.com/

株式会社エニキャリの概要
所在地 :東京都千代田区平河町二丁目5番3号
渋谷オフィス:東京都渋谷区桜丘町29-31 清桜ハイツ1F
代表者 :代表取締役 小嵜 秀信
資本金 :1億円(うち資本準備金4,500万円)
従業員数 :11人(アルバイト除く、2020年3月末現在)
設立年月日 :2019年8月8日
WEBサイト :https://www.anycarry.co.jp/

本件に関する報道関係者からのお問合せ先
glafit株式会社  広報:安藤
Email:pr@glafit.com 電話:050-3852-1236

株式会社エニキャリ 経営企画室 眞田・モハメッド
電話番号 03-6416-0089