高品質で安定した配達網が、
自社デリバリー事業の拡大を
強力に後押し

牛めし・カレー・定食・その他丼の「松屋」など、松屋フーズブランドを松屋フーズ公式アプリから簡単に注文できる人気のお弁当宅配サービス「松弁デリバリー」の一部配達を、2021年8月より当社が代行させていただいております。これにより、自社デリバリーサービス最大の課題である、配達員確保の問題を解消しています。また、当社配達管理システムの活用により、配達の効率化を実現しています。

当社独自のフードを運ぶ際に心配される異物混入や時間経過に伴う品質劣化などが起こらないようなトレーサビリティの仕組み、未開封を証明できるシールなど、「安心・安全」の体制で、お客様の手元にお届けしております。

今回ご担当の田中 慎二様にお話を聞きました。

※部署名・役職は取材当時のものです。

今回お話しを伺ったのは…

田中 慎二(たなか しんじ)様

株式会社松屋フーズ
事業推進部 イベント外販企画グループ

チーフマネジャー

田中 慎二(たなか しんじ)様

自社配達が難しいため、松弁デリバリーを拡大しづらい

-当社による配達代行をご検討されたきっかけをお教えいただけますか。

田中様:エニキャリ様とは、ENEOSホールディングス様、ZMP様との自動宅配ロボットデリバリー実証実験に際し、弊社へお声がけいただいたのがお付き合いの始まりです。弊社の抱えるデリバリーサービスの課題解決にあたり、エニキャリ様の自動差配システムや配達代行システムの内容に魅力を感じ、導入をさせていただくこととなりました。

-貴社の松弁デリバリーにおいて抱えていた課題など、背景をお教えいただけますか。

田中様:弊社では松弁デリバリーの確立を目的として、宅配業務の効率化に取り組んでおりました。しかし、フードデリバリーの課題の一つでもありますが、注文が減少する時間帯の配達員人件費のコントロールが非常に難しく、宅配コストが低減できない状況がありました。また、弊社は駅前店舗が多く、多くの店舗で駐輪スペースの問題から自社配達(自社雇用の店舗スタッフや自社専任の配達員による配達) による松弁デリバリーを拡大しづらい状況がありました。

独自の自動差配システムを有し、弊社からのニーズに迅速な対応

-当社を選んだポイントをお教えいただけますか。

田中様:フードデリバリーは時間が命です。弊社店舗の集中している東京都市部に強いこと、独自の自動差配システムを有し、弊社からのニーズに迅速にご対応いただけると考え、エニキャリ様への依頼を決めました。また、実験導入時から、ご担当の樋口様、大石様に迅速な対応や有意義なご提案をいただいていることも、エニキャリ様と深いお付き合いになるに至った要因の一つです。

人員採用が難しい中で、配達員確保の問題がなくなった

-当社との協業により、解決したことや効果はございましたか。

田中様:注文件数減少時間帯の宅配コストの低減、自社配達網における配達人員の確保にご協力賜り、今後の松弁デリバリー拡大に向けての礎づくりに大きく貢献いただいております。

-どういった反響がございましたか。

田中様:労働人口の減少により、店舗で勤務して下さる方の採用も難しい昨今、エニキャリ様との連携により、配達員確保問題を抱えることなく、松弁デリバリーの拡大を推進することができるようになってきました。エニキャリ様のキャリースタッフ様は教育が行き届いており、店舗で稀に発生する配達員とのトラブルのようなものも無く、店舗の従業員も気持ち良く応対できているように感じています。

松弁デリバリー網を確立し、共に全国でのサービスを展開したい

-アフターコロナを見据えた貴社デリバリーに関する位置づけをお教えいただけますか。

田中様:コロナウイルス蔓延により、弊社のお客様含め、多くの方の生活様式が変わり、フードデリバリーは生活の一部としての地位を確立したと言える状況にあると認識しております。弊社のサービスはご来店されるお客様へのお食事提供が第一ではありますが、フードデリバリーを利用されるお客様へのサービスも必要不可欠と考えています。まだまだ先を走る他企業様を追いかける状況ですが、松弁デリバリー網を確立し、お客様に弊社ならではのサービスをお届けしたいですね。

-貴社のデリバリーにおける、今後の目標や展望などをお教えいただけますか。

田中様:弊社は日本全国に店舗を展開しております。店舗へご来店いただくのは勿論のこと、新しい生活様式となったデリバリーでもお召し上がりになりたいというニーズを、松弁デリバリー網をもって満たせる環境にしていきたいと考えております。

-今後当社に期待することをお教えいただけますか。

田中様:全国展開している弊社としては、配達可能範囲の拡大、これに尽きます。エニキャリ様のビジネスモデルに合わない地域もあるかと思いますが、首都圏や政令指定都市、地方大都市でも共にビジネスを展開したいと考えております。

-当社に対する応援メッセージをいただければ嬉しいです。

田中様:フードデリバリーに限らず、エニキャリ様の理念にある「街中のすべての商品が30分で手元に届く社会を」というラストワンマイル配送は私たちの生活にとって、欠かせないものとなってきていると思います。エニキャリ様の理念に共感した企業やお客様が増え、更なる発展を遂げる一助となれば、私たちも光栄です。これからも、お待ちいただいているお客様へ最高の商品を共にお届けしていきましょう。

※記載内容は取材当時のものです。

企業情報

株式会社松屋フーズホールディングス様

名称:株式会社松屋フーズホールディングス
事業内容:飲食事業を中心とするグループ会社の経営管理
従業員数:1,580名 ※2021年3月期・連結
URL:https://www.matsuyafoods-holdings.co.jp/

サービスに関するお問い合わせは
こちらから